「地球温暖化対策として私達ができること」


環境対策、地球温暖化対策として私達に出来ることは、何があるでしょうか?


小さなことの積み重ね。一人ひとりのが考え方と行動が重要だと思います。


【私達にもできる身近なこと】


@エアコンの温度を冷房は1℃高く、 暖房は1℃低く設定する。


近年はクールビズやウォームビズも導入されていますが、 皆が意識して冷暖房を調節することが重要。


A家族団らんでエアコンや照明の使用を2割減する。


別々の部屋で家族がバラバラにエアコンや照明を使用するともったいない。


Bお風呂の残りのお湯を洗濯水などにする。


お風呂の残り湯は栓を抜いて流さずに、 洗濯水や庭の草木の水やり、トイレの水にしましょう。


C週2日、 車の運転をやめてバス、 電車、 自転車に変える。


通勤、買い物などに車の使用を減らし、バス、電車を利用、または自転車を使いましょう。


D車のアイドリングストップ。


駐車時や長時間停車する場合は、 車のエンジンをストップ。


E家電製品の待機電力を削減。


家電製品の主電源をオフにして、長時間使用しない場合はコンセントを抜きます。


地球温暖化や地球環境を考えた場合、 ゴミ処理問題を欠かす事は出来ません。


ゴミを処理すること自体にも資源が必要ですので、 二酸化炭素の排出など地球温暖化にも環境にもよくありません。


ここ最近になって無駄なゴミを排出しない、 資源を大切にするリサイクル活動が世界中で活発に行われております。

ゴミを減らす事は、 環境にも経済的にも非常に有効な今私達が出来ることではないでしょうか?


【4R運動】


@リフューズ〔Refuse〕

「断る」と言う行為です。

過剰包装、スーパーのレジ袋など不必要なものは要りません、と断ってください。


Aリデュース〔Reduce〕

「減らす」ことです。

ゴミを種類別にきちんと仕分けして、 またゴミを減量することはとても大切になっております。


Bリユース〔Reuse〕

「再利用」すると言う意味です。

使えるものはなるべく使用して、 仕方ない場合には再利用出来る様にリサイクルしましょう。


Cリサイクル〔Recycle〕

「再資源化」のことです。

限られた資源を何度も使用することは当たり前ですね。