「地球温暖化について」


『地球温暖化』による海水面の上昇や異常気象が観測され、 地球上の大気、海洋温度は上昇を続け、地球上の生態系そのものにとって大きな脅威となっております。


『地球温暖化』は、地球上において本来の「自然由来の問題」と「人的な要因」に分けられます。


20世紀後半における『地球温暖化』の要因としては、人類の産業活動などによって発生した「温室効果ガス」が主要因と言う説が有力とされております。


2007年に国連の政府間パネルが発行した『第四次評価報告書』では、人類が発生させた「温室効果ガス」が『地球温暖化』の原因である確立は90%以上と報告されているのです。


『第四次評価報告書』の科学的な知見によると、今後未来の2100年には平均気温が驚く事に最大で6.4℃、海面の推移は平均で38.5cm上昇すると報告されております。


『地球温暖化』は人類が発生させた「温室効果ガス」の放出が要因とされていますが、そのなかかでも二酸化炭素やメタンガスの影響が大きいと言われております。


一度発生した二酸化炭素などの「温室効果ガス」は、なんと約100年間、地球の気候や気象状況、海水などのに影響を及ぼすと言われております。


太陽が放射する熱量などの変化量は、上記に述べた様な人類の要因に比べて、数%程度にすぎず、地球や地球を取り巻く自然現象だけでは現在に至る『地球温暖化』は起こりえないとされています。


地球温暖化の影響は


『地球温暖化』による影響は、気温、海水温を変化させる為、海水面の上昇、降水量の変化、酷暑、洪水、大型台風など気象状況にさまざまなな影響があると言われております。


また『地球温暖化』は、生態系にも大きな影響を及ぼすと予測されております。


自然現象や気象状況の大きな変化は、私たち人間の生活にも多大な影響を及ぼすとされております。

農業や漁業への影響、真水の枯渇、それによる食料難の深刻化などが懸念されております。


経済面に与える影響も大きく、平均気温が現在から2、3℃上昇すると、全ての地域でコストが増加し、利益が減少すると予測されております。

このまま温暖化が進むと、今世紀末には5.6℃の気温が上昇し、世界中がGDPの約20%に値する損失が発生する危険があると言われております。


『地球温暖化』のリスクが叫ばれている一方で、当然その緩和対策に必要な技術開発や費用の予測も実施されております。


世界中で行われている人類の環境問題に対する取組みやその案は、緩和策を有していて、「温室効果ガス」排出量を現状と比べ大幅に低減する事は可能とされております。


現在から10年〜30年間に行う「温室効果ガス」の排出量低減が、大きな影響をもつと言われております。