「国際的な協力活動が必要」


『地球温暖化』における個人や民間レベルでの緩和策や企業努力などが促進していますが、より緩和技術を普及させるために、現状よりも更なる積極的な投資、政策を行う必要性が様々な報告書により指摘されております。


「温室効果ガス」の排出に何らかの影響を与えると言われている炭素や啓蒙の有効性も指摘され、具体的には下記の様な政策が挙げられます。


◇啓発活動


私たち民間へ更なる啓発活動を行う必要性も指摘されております。

一人ひとりが緩和策を進めることで大きな効果が得られます。


◇炭素プライシング


法律や条例を策定し、直接規制や削減義務を課すことが必要とされております。

〔炭素税、国内排出証取引や排出権取引など〕


◇新技術の開発・普及


再生可能エネルギー、また新しいエネルギー源など新技術の開発資金を増額し、世界中に普及することが必要です。


◇国際的な協力活動


発展途上国に対する排出量削減の支援が必要とされていります。


このように『地球温暖化』を抑制するためには、現在よりも何倍も何十倍も努力や投資、対策が必要と言われております。


現在進行している対策や政策も有効的ではありますが、『地球温暖化』の影響は世界規模で広い分野、広い範囲に及びますので、根本的な対策である「温室効果ガス」の排出量を削減する緩和策の開発が必要不可欠な課題となっております。


国ごとに対策進行状況は異なりますが、世界全体では「温室効果ガス」の排出量はまだまだ増加傾向にありますので、世界中で大規模な緩和を目指し、努力が必要です。