「温室効果ガスについて」


「温室効果ガス」と言ってもその種類は様々です。

「温室効果ガス」の種類別に地球温暖化への影響度を調べると、二酸化炭素が60%、メタンが20%、一酸化二窒素が6%、オゾン層を破壊するフロン類、ハロンが14%とされております。


この結果から産業発展に不可欠である石油、石炭など化石燃料の燃焼で排出される二酸化炭素が地球温暖化に最大の影響を与えていると言えます。


二酸化炭素の濃度は、産業革命前の1750年には280ppmとなっていますが、近年の2005年では379ppmとなんと35%も増加しております。

様々な観測や過去予測の結果から、過去2万年で最大の増加率と報告されております。

このまま地球温暖化が進むと2100年頃には1750年と比較して2倍〜3倍まで増加すると予測されております。


過去20年間で大気中に二酸化炭素の濃度を増加させた内訳として、その4分の3以上の大半は石炭、石油などの化石燃料の燃焼と報告されています。


先進国の一人あたり排出量は、発展途上国の排出量を大幅に上回っています。


しかし発展途上国においても、産業、経済発展と比例して急速に増加しています。


世界中どの国においても経済の発展と、「温室効果ガス」の排出を抑制する『両立』したシステムを形成することが必要です。


「温室効果ガス」は、二酸化炭素の他にもメタン・フロンなどが挙げられます。


◇フロン

フロンはオゾン層を破壊する性質を持っています。


◇メタン

メタンの排出原因の半分以上が化石燃料の燃焼や、埋め立てなどの土地開発が原因と報告されております。

メタンの大気中濃度も増加傾向にあります。