「地球温暖化対策」


『地球温暖化』の世界各国の対策は、様々な方法で実施されております。


自主的な努力はもちろんのこと、緩和策が進められ、いくつかは有効性も認められる結果となっております。


しかし、『地球温暖化』を抑制するところまでは至らない現状で「温室効果ガス」の排出量は年々増加傾向にあります。


世界各国が同じ目標に一丸となって対策や緩和策を進めることが重要なのですが、原価高騰やコスト面から対策に反対する国も存在するのです。


『地球温暖化』対策として、現時点で最も規模の大きい枠組みは『京都議定書』となっていますが、目標に対して達成した国もある一方で、残念ながら離脱や失敗してしなった国もあります。


目標を達成することは、各国の国民一人ひとりが気をつけなければならないことと、大企業や組織的に取り組まなければ難しいため、国によってその現状は大きく異なっている現実があります。


『地球温暖化の脅威』はもうすぐそこまで迫っており、一部の専門家によってはもう既に止める事のできない程までに、至っていると言われています。

温暖化対策に必要な費用も含め、今後起こるべき被害の抑制のため、『京都議定書』よりも更なる緩和策が必要である事は、国際的にも認識されています。

未来の地球のために、今できること、しなければならないことを、一人ひとりが実践し、国もリーダーシップを発揮し、実績を積上げていくことが必要だと思います。