「地球寒冷化?について」


1980年代前半までは地球の気温に関しては、『地球寒冷化』と唱えられていました。


しかし『地球寒冷化』には根拠が乏しく、数々の学者が科学的に調査するに従い『地球温暖化』となっていることが判明したのです。


実は一般人の間でも『地球寒冷化』の説が広まっていましたが、1988年アメリカ上院公聴会で、『近年の暑い気象は、地球温暖化と関係していることが正しい』と発言されたことにより、『地球温暖化』説が世間一般に広がり始めました。


国際政治においても、1992年6月に行われた『地球サミット』〔国際連合会議〕で、気候変動枠組条約が採択されて以降、定期的な会合の場が設定されることになったのです。


気象観測技術や研究が進むにつれて、地球が温暖化に向かっており、人類が排出する「温室効果ガス」が重要な影響を与えていることが世界中で合意されていきました。


この合意は2001年の第三次評価報告書、2007年の第四次評価報告書などによって集約され、現在では『地球温暖化』提起から約20年の時を経ていますが、国際的な対策は必要不可欠なものと認識されております。


『地球温暖化』の主要因である「温室効果ガス」の削減義務としては、『京都議定書』が世界的に最も大規模なものになります。


1990年代から京都議定書の目標達成に向けて様々な国々で「温室効果ガス」の削減が行われてきました。