「近年の気温変化ついて」


地球表面における現在の大気や海洋の平均温度は、1896年から1900年の5年平均値と比較して、0.75 ℃暖かくなっています。


過去1000年から2000年前の間では、地球における地表の気温は、温暖期や小氷期などの変動はあったものの、比較的安定していた状態が続いていました。


しかし近年の温暖化は、過去に例を見ない上昇を続けています。『地球温暖化』が唱えられてから20年程が経過していますが、人類が発展するために発生し続けてきた「温室効果ガス」が地球の環境を悪くし、温暖化に向かわせていることは今や誰もが知る事実です。


過去の気温の測定手段としては、自然界のプロキシを使用して復元されますが、同時に地球規模で最新計測機器を使用した気温の直接的な観測を1860年頃から始めていますので、過去50年位は詳細データも揃っております。


又、1979年から、対流圏温度を衛星観測すると言う最新技術を駆使した観測も行っております。

この様な詳細測定データや過去の気温推移からも『地球温暖化』が進んでいることは間違いなく、年々気温が上昇していってしまう予測にも信憑性があります。


やはり、一人ひとりが出来る事をすぐに実行し、又、政治や企業などの組織的な活動、国全体での活動、世界共通した活動が必要だと思います。