「地球温暖化の原因とメカニズム」


『地球温暖化』は、何が原因となっているのでしょうか?


世界中で注目されている『地球温暖化』は、まさに人類の存続にかかわる内容でもある為、様々な議論が行われております。


『地球温暖化』の原因として最も主流な説は、私達人類が発展する為に行ってきた産業活動に伴い、温室効果ガスを排出したことによるものです。


気候変動に関する政府間パネルにより発行されているAR4〔第四次評価報告書〕によれば、人類が発生させた「温室効果ガス」が『地球温暖化』の原因という確率は、90%を超えるとされています。


温暖化の原因解析には世界中至る所での気象観測データと、膨大な計算が必要となります。

計算には気温を直接観測したデータと、過去数万年の気温推定データなどを使用し、多様な気候モデルで解析が行われます。

解析の結果としては、やはり『地球温暖化』の原因として「温室効果ガス」の一種である二酸化炭素、メタンなどの影響が大きいとされています。

他には人類の土地開発、エアロゾルの使用など様々な原因があると推定されています。


『地球温暖化』の原因であるとされている『ガス』には様々な種類があります。

そのなかでも『二酸化炭素』は最も地球温暖化への影響が大きい『ガス』に当たります。

化石燃料の使用が産業革命以降増え続け、その結果大気中に含まれる二酸化炭素量も増加しているのです。


気候変動に関する政府間パネル〔IPCC〕は、このまま地球温暖化が進むと2100年には、平均気温が1.8℃〜4.0℃上昇すると発表しております。

地球温暖化に影響を与える「温室効果ガス」の排出量が最も少ない場合でも1.8℃、逆に最も多かった場合が4.0℃としているのです。


◇地球温暖化メカニズム

『地球温暖化』とは皆が耳にして、ゴミの分別や節電、再利用など様々な緩和策を行っている現在ですが、そのメカニズムを説明できるでしょうか。


現在、地球全体の平均気温は14℃前後です。

これは人類が存在する重要な数値でありますが、もし大気中にメタンや二酸化炭素などの「温室効果ガス」が全く含まれていなければ平均気温は何度になるのでしょう。


その数値はマイナス19℃ぐらいとされています。


私たちに暖かい日差しを与えてくれる太陽の光は、地球における大気を素通りして地面を暖めてくれます。

それによって地表からは熱が放射されますが、その熱を「温室効果ガス」が吸収して大気を暖めてくれているのです。


近年の産業活動の活発化により、メタンや二酸化炭素などの「温室効果ガス」を大量排出する様になりました。

大気中の「温室効果ガス」は自然値よりも濃度が高くなり、熱の吸収量が増加しました。

結果、気温の上昇につながり『地球温暖化』となっているのです。