「地球温暖化:気象への影響」


『地球温暖化』における気象への様々な影響が観測されております。


世界各地で『異常気象』の増加、気候に与える影響は『気候の極端化』と表される場合もあります。

『地球温暖化』の影響で気圧配置が変化し、従来とは異なる気象現象が発生しているとされています。


問題定義されている気象現象だけでも、偏西風の蛇行による異常気象の増加、日本の気候にも影響を与えると言われております。

アメリカ東部、南東部における海水温の上昇により竜巻が多発 又、世界中で寒い日が減少し、暑い日が増加。

気温は昇温傾向となります。


干ばつ地域の増加、大雨の熱波や発生率増加、大型台風の発生、高潮の増加等様々な影響が予測されております。


◇海水面の上昇


気温が上昇すると、当然氷床や氷河の融解が加速されます。そのため海水面の上昇します。


近年の報告では海面の上昇要因は熱膨張による寄与が大きく、次いで氷河と氷床の融解が影響とされております。

どちらも温暖化により発生していると言えます。


日本の沿岸部では年3.3mmの上昇が観測されているそうです。

海水面が上昇すると具体的にどんな影響があるのでしょうか?


・汽水域が必要なノリ、カキ、アサリなど沿岸漁業へのダメージ

・地下水へ塩分が混入し、生活用水、工業、農業などへの影響

・沿岸部の堤防、排水ポンプなど対策設備投資。


◇降水量の変化


気象の予測は難しく異論もありますが、降水量に関しては下記の様な予測がされております。


・大気の水蒸気量が増加し、平均降水量が増加する。

・熱帯雨林地帯の崩壊。

・降水量の変動する幅が広がり、集中豪雨や逆に干ばつの増加。


『地球温暖化』は様々な異常気象を誘発します。


まずは降水量の長期的な傾向を考えていきましょう。

過去10年間に北半球の中緯度から高緯度にあたるほとんどの陸地において、降水量は0.5%から1%増加しております。

逆に北半球の亜熱帯地域の降水量は同じく10年間に0.3%減少しております。

20世紀後半になると、北半球の中緯度から高緯度にあたる地域では、大雨が発生した頻度は2%から4%も増加しております。


今後も地球全体の地域において『地球温暖化』に影響のある水蒸気と降水量は増加傾向にあると予測されています。


干ばつや豪雨をもたらすエルニーニョ現象は、特に新しい気象状況ではありませんが、やはり過去100年間と比較して、1970年以降は発生頻度が高く、また一度発生するとその現象が長期化する傾向をみせております。


エルニーニョ現象とは熱帯東太平洋で、海水の温度が平年と比較して0.5℃以上高い状況が継続する気象状況を指しますが、近年のエルニーニョ現象は海水温の上昇幅がより高くなっております。


エルニーニョ現象の反対に、海水温が0.5℃以上低い状態をラニーニャ現象と言いますが、このラニーニャでは大きな異常気象はさほど発生はしません。


近年の予測では、21世紀中に気温の上昇、豪雨の増加、中緯度にあたる地域での夏季渇水、大型台風、熱帯低気圧の最大風力、降水量の増加などの異常気象現象が発生するとされております。